×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

管理人コラム

世界一、私を大切に思ってくれていた人がいなくなり、その時初めて「私にはもうこの仕事しかない」と仕事に対する覚悟ができたょうな気がします。初七日を終えて大阪へ帰り、サロンヘ出た時にお客様への頭の下げ方まで変わったことが、自分でも分かりました。その頃、母と同年代のお客様が愛おしくて、とても大切に接客しました。そして、お客様達もケーキを焼いたりお寿司を作ったりして、サロンに持ってきてくれます。たくさんのお花をサロンに生けて下さいました。私はお客様を幸せにするどころか、お客様達に慰められていました。お客様の喜ぶことを一生懸命にやろうと思いました。涙が出ないようにクタクタになるほど動いていたいという気持ちもありました。病院への往復でサロンの売り上げはどん底まで下がっていましたが、またどんどん忙しくなり、お客様に「先生、脱毛って永久なの?」と聞かれれば、脱毛のスクールに通い、「美顔もしてほしい」と言われれば、美顔のスクールにも通い直す日々が続きます。お客様からは商売のいろはを教えてもらい、母が亡くなった時には慰めてもらい、本当によく色々と面倒を見て頂きましたそんなお客様から「通うのが大変だから、うちの近くにもお店を作ってほしい」と言わることが多くなりました。そして、サロンをオープンして1年半が経った頃、2店、3店と、お客様の家の近くにサロンを増やしていきました。サロンが3店舗になり、会計士の先生から、いつまでも個人店でいるわけにもいかないから会社を設立するよう勧められました。まだ27歳でしたが、その頃には月に1000万円ものお金が手元に残るようになっていたのです。これでは人生がおかしくなってしまうと思い、会社の設立を決めました。人四年、設立。そして、自分の給料を50万円としました。そのことで私は少しほつとしました。

 

サロンは常に人手不足でした。世の中にエステティシャンという職業があることすら知られていなかったことも理由の一つだったのかもしれませんその為、色々な人を採用しました。働き始めて、その日の午後にはいなくなってしまう社員までいました。その頃の私は社員に対していつも、「なぜこんなことができないのか」「なぜ分からないのか」とイライラしてばかりいたような気がします。それでもコミュニケーションをとろうと食事に誘ったりするのですが、食べながら他所を向かれてしまうようなこともありました。何度も、「人を使いたくない。自分一人で働きたい」と思っていました。そんな時に、従妹が短大を卒業して入社してきました。この時に初めて話せる社員ができたと思いました。私は一人ではないと強く思いました。それまでの4年間は本当に孤独な4年間でした。

続きを読む≫ 2013/10/20 13:05:20

2004年10月に発表されたスポーツ医科学的検証結果です。トリプルバーン痩身法を行つた後は、筋肉運動を行つたときと同じように、筋肉を動かすエネルギー源のグルコースが減少し、筋肉内には疲労物質の乳酸が増加。寝たままでも、確かな筋肉運動が行われていることがわかります。また、血液中の遊離脂肪酸濃度が上昇すること(図2)や血液中の中性脂肪も減少したことから、体脂実験前後における遊離脂肪酸の変化(mEq′ )*Pく005酸素消費カロリー(KcJ/mh)肪をエネルギー源として消費していることが証明されます。またトリプルバーン痩身法を行つた後の体重は、サウナ直後の体重の約4倍もの減少見られ、さらにトリプルバーン痩身法は約1時間の有酸素運動を行つたときと同じエネルギー消費量に相当します(図4)。つまリトリプルバーン痩身法は寝たままで運動を行いながら体脂肪を減らす理想的な痩身法といえます。

 

サロンをオープンして2ヵ月後、母が胃の手術をしました。最初は3週間ほどで退院と聞いていたのですが、しばらくして実は末期がんだと聞かされ、私は生まれてはじめて人生のどん底に突き落とされたような気がしました。母と一秒でも一緒にいたいと思った私は、サロンを閉めて母に付き添いたいと会計士の先生に相談しましたが、その時点で負債額が4300万円もあると言われてしまいました。これはやめる訳にはいかないと覚悟を決め、それから鹿児島の病院と大阪のサロンとを往復する生活が始まりました。飛行機に乗っていても、今どこへ向かっているのか、手帳を見なと分からないような日々が続きました。私の誕生日を母の病室で友人達と祝った日、母もベッドから起き上がり、乾杯のオレンジジュースをほんの少し飲んでくれました。忘れられない私の26歳の誕生日です。その9日後、三月二九日に母は帰らぬ人となりました。入院してたった4ヵ月でした。大変喪失感に見舞われ、母が亡くなって1年半、私は朝晩毎日泣いていました。どうしてなのか1年半1日も欠かすことなく泣けるのです。それまでの私の人生を色に例えるならレモン色。暖かく優しい愛情に包まれた、幸せな人生でした。

続きを読む≫ 2013/10/20 13:02:20

ミスパリエステティックスクールが他の学校と決定的に違うのは、皮膚の構造や化粧品の成分などの、知識や技術だけでなく、実際にお客様をきれいにする方法を教えていることです。教えている先生の頭の中が「生徒と教科書」というのが一般のエステティックスクールとすれば、ミスパリエステティックスクールの先生の頭の中には、「生徒と教科書とお客様」が入っています。また、未だに美容業界では「これは美自パツクなので、顔が自くなります」「お腹にこのクリームを塗ったら痩せます」というような宣伝がなされています。しかし、私はあやふやなのが嫌いで、きちんとした理論に基づいたことをするサロンを作りたいと思い、その気持ちがオープンのきっかけになりました。その気持ちはオープンした時から今に到るまで変わりません。ですから、エステティックサロンであるミスパリゃダンディハウスで実際に行っている技術や商品などを組み合わせた効果を、医療機関や大学でチェックしています。その結果、「どのくらいの割合の人に効果があった」で」んなタイプの人はこういう効果があった」などということを全てデータ化しています。そこが、他のエステティックサロンとは違っているところです。私達のスクールで教えることもデータに基づいた確実な効果の出し方であって、これも他のエステティックスクールと違っているところです。

 

 

この最初に確立した痩身法は二十数年の間に、技術や商品の改良、機械のバージョンアップ、開発を繰り返し、二〇〇四年にはトリプルバーン痩身法となりました。この痩身法は大学や医療機関で効果の検証がなされた結果、大学教授や医師が驚くほどのエビデンスがでていることが分かりました。そして、このトリプルバーン痩身法は、医学的にもスポーツ医科学的にもエステティック効果が認められた業界初の痩身システムとなりました。しかも血液検査で、若返り効果があることも分かりました。現在、トリプルバーン痩身法は、東京大学医学部研究科で千人の効果検証が行われています。

 

 

2004年10月に発表された医学的検証結果です。「ダイエット」として一般的な指標である体重、体脂肪率、BMI値はモニター全員が減少し、特に無理な食事制限によるダイエットでは落とせない体脂肪が、トリプルバーン痩身法では体重に比例してきれいに減っています。また、トリプルバーン痩身法で痩せると「中性脂肪」や肝脂肪量を示す「γ―GTP」など、生活習慣病にかかわる数値データは3〜 4人の方が減少しました(図2)。さらに活性酸素の発生を抑え、アンチエイジング(若返り)に関係している「アディポネクチン」の増カロも確認できました。つまリトリプルバーン痩身法は肥満の改善のみならず、生活習慣病予防など医学的治療法の可能性を持つ、21世紀の新しい痩身法といえます。

続きを読む≫ 2013/10/20 12:58:20

。とにかく、私の経験した不安や疑間をお客様が持たないようにと考えたシステムでした。効果を求めるお客様はプロにはビシツと指導してほしいものです。その頃のサロンでは、「お客様は女王様」のようで、エステティシャンは脆いてサービスをしている状態で、お客様に指導するという雰囲気はありませんでした。サロンの中全体に、いつもお客様とエステティシャンの双方のフラストレーションのようなものが溜まっているように感じられることもありました。私はお客様に指導できないようなエステティシャンはプロではないと思いました。お客様はきれいになりたいからサロンにいらしているのであって、エステティシャンに召使いのように仕えて欲しいと思っている人は少ないのではないでしょうか。

 

 

もちろん、客として大切にされるのは当たり前のことで、大切にされながらも人間としてちゃんと対等に向き合い、プロとして指導やアドバイスをしてもらいたいと思っていらつしやるに違いないと私は思っているのです。そうであるからこそ、プロとして痩身システムを作り、そのシステムに沿ってプロとしてお客様をされいにできるサロンを作りたいと思い、シェイプアップハウスを作ったのです。私はその痩身コースを体質改善コースと名付け、売り出しました。お客様の効果がお客様を呼び、オープン当初からサロンは大賑わいでした。しかし、この体質改善コースは、色々なエステティックサロンがこの名称を使い、様々なトラブルを起こしたこともあり、名称を使用しなくなりました。この時の経験により、トリプルバーン痩身法を作った時はすぐに意匠登録し、他社に名称を使われないよう手を打ちました。

 

当時は、私を含めてスタッフ三人だけの小さなサロンでしたが、抜群の効果が出たので、半信半疑だったお客様達は大変驚かれました。すつかりきれいになったお客様を見た周りの人達や美容関係の業者の間で「シェイプアップハウスの技術はすごく痩せるらしい」と噂になり、私達のサロンはすつかり有名になってしまいました。大変なロコミ効果です。この痩身法の噂を聞いて、新潟や東京、名古屋など日本中からエステティックサロンの先生達が「効果の出し方を教えてくれ」と大阪の小さなサロンに押し寄せました。学びに来たエステティックサロンの先生達は、約1カ月間サロンに入り、掃除や洗濯を手伝いながら、メモをとって、シェイプアップハウスの痩身法を学びました。「教えて」という人はその後もたくさんいましたので、サロンをオープンしてから8年後の90年に、ミスパリエステティックスクールを大阪に開校し、本格的なスクール経営を始めました。

続きを読む≫ 2013/10/20 12:57:20

八二年に「やせる専門店シエイプアツプハウス」がオープンしました。オープンした時には50万円ずつ切った手形が20枚にもなっていました。皆さんの善意で切らせてもらつた手形を不渡りになんか絶対できません。昔からぽつちやり気味の私でしたが、オープンーカ月で体重が8増も落ちました。その頃はものすごく忙しくて大変だったのでしょうが、自分がやりたいと思ったサロンをオープンできたのですから、サロンで働くことが嬉しくて仕方がありません。小さなサロンでしたが、シエイプアップハウスは、にこにこ笑って通って下さるたくさんの素敵な女性のお客様で溢れていました。今でも、うちのサロンでは生花を飾るという習慣がありますが、これは、その当時、頑張って働いて、いつもお花を飾って、お客様をお迎えできるサロンになりたいと思ったことがきっかけです。素敵なお客様にたくさんの励ましを頂きながら、この方達にもっと喜んで頂けるよう一生懸命勉強しよう、資格もとろう、技術も練習してもっと上手くなろうと素直に思い、実行して今日に至っています。

 

いいお客様に出会えたことで、シエイプアップハウスという会社は素直にまっすぐ成長できたと感謝しています。私がサロンをオープンしたいと思ったのは、「なぜこの化粧品を使って施術をするのか」「なぜこの機械を使うのか」ということを、お客様と技術者がお互いに理解して施術ができるサロンを作りたいと思ったのがきっかけでしたから、サロンをオープンする際には、痩身システムを独自で組み立てました。「なぜお客様は来て下さるのか?」「お客様は何を求めているのか?」「なぜ太ったのか?」「なぜ、痩せられないのか?」「どんな太り方なのか?」で」の技術や商品は、どんな変化を及ぼすのか」など、あらゆる疑間とケースを考え抜き、痩せるためのシステムを作ったのです。施術だけではなく、お客様の食生活やサロンヘ通う回数までも、システムの中に取り入れてしまいました。私にはそれは当たり前のことに思えたのです。そうやってお客様一人ひとりの体質を理解し、理想のプロポーションを弾き出し、理論づけられた施術や、サロンヘの通い方までをシステム化したエステティックのコースを作ったところ、今までになかった抜群の効果を出す痩身コースの誕生となったのです。当時の一般のエステティックサロンでは、痩せたいというお客様がいらしたら、パラフィンパックをするのが一般的でした。汗を出すと痩せると思っていたエステティシャンが多くいました。私自身がサロンに通っていた時も、いつ行ってもやることが同じで、行かなくても怒られないし、行き過ぎても何も言われない。

続きを読む≫ 2013/10/20 12:56:20